TOEICで出題されるリスニングのコツとは

TOEICで出題されるリスニングのコツとは TOEICは、今や受験や就職、転職などに最も役立つ試験として、多くの人が受験している英語検定試験です。
このように、重要な役割を果たすTOEICですが、高得点を簡単に出すことは難しく、何度受験しても理想の点数に届かない人も少なくありません。
その理由は、TOEICのコツを理解していないためです。
コツを理解すると問題を短時間で解くことが可能になり、高得点も期待できるのです。
そこで、TOEICで必ず出題されるリスニング問題のコツについて説明します。
最初に出題されるリスニングには、写真が付いています。
それらの問題では、写真にヒントが隠されているため、問題が読まれる前にチェックをしておきます。
そして、リスニング問題中には、疑問詞に十分注意します。
そして、その次に出題されるリスニング問題には、質問事項だけが並びます。
事前に質問を読み、何が問われるのかを推測します。
その際、場面がどういう状況なのかもイメージしておくと、問題が解きやすくなります。

TOEICの英文法問題対策

TOEICのスコアを向上させるために、真っ先にやるべきことは英文法です。
TOEICの英文法の問題の大半が中学生レベルで構成されています。
難しく感じられてしまうのは、中学生レベルの文法で会ったとしても、使用されている単語が難しいからです。
そのため、語彙力が無ければ問題を解くことは難しく感じられてしまうのです。
しかし語彙力が無かったとしても、文法力だけで解ける問題が多いのです。
特に狙い目とされているpart5から6の前半までは、中学の文法をしっかりとやっておくだけで、大半が解けてしまうものばかりです。
問題を解くだけならば、出題されている文章が理解できていなくても、文法の知識だけで正解することができるのです。
TOEICの問題として、英文法は比較的容易な部分であるために、本番では時間を有効に使うためにスピーディに解くことが大切です。
そして残りの時間を難関であるpart7の読解に使用するようにしましょう。

recommend

大阪でボルダリングに申し込み
http://luvrock.jp/

最終更新日:2017/4/27

  • コンテンツ:twitter

『英会話 就職』 最新ツイート

@stonecold2000

@TrinityNYC @killyourtv58 昔の英会話の先生が大学出たが就職難(1975年)で陸軍に「就職」してフォートブラックで訓練てました。先生は1969、1971年2回ドラフトされてベトナム行き寸前だったそうで「行っ… https://t.co/dHeTvoyLEs

3時間前 - 2018年08月14日


@Venom76392163

@ekesete1 @gahwopapa 当時の公文書が日本語で書かれていた以上、日本語ができないと良い所への進学や就職も、ままならない。 日本語教育に不熱心だと、むしろ朝鮮人の親から苦情が出ただろう。 そんな状況で、教育熱心な… https://t.co/kSd9aGoa12

8時間前 - 2018年08月13日


@mailmeplease1

日本で外人と出会う6つの方法。 1.英会話教室に行ってみる 2.学力あれば商社か外資系に就職してみる 3.イングリッシュカフェに行く 4.国際色豊かな大学の近くに住む 5.アイリッシュパブに行く 6.国際交流パーティーにmixiやamebloのグループから参加する。

9時間前 - 2018年08月13日